昭和大学医学部・内科学講座 卒業後のキャリアビジョン


キャリアパス

 当科のキャリアパスでは、臨床志向の医師はもちろん研究志向の医師にも、幅広く総合的な内科臨床能力を習得しつつ、呼吸器内科医として高度な技術と専門的知識の習得を行えるように最大のサポートをします。関連病院への出向によっても、大学では得られない幅広い内科医としての経験と知識を習得します。

 大学院進学によって、学位(医学博士)の取得を目指す大学院コースと医員コースがあります。医員コースでも学位の取得は可能ですが、学位を希望される方には大学院コースをお勧めします。専門医の取得に関しては、どちらのコースを選んでも同様に可能です。

 臨床志向の医師のキャリアパスとしては、呼吸器内科医としてエキスパートを目指すパターンと呼吸器内科を中心としたジェネラリストを目指すパターンがあります。後者は特に開業を志す医師が中心となります。ただし、キャリアパスとしては両者には明確な違いはなく、目指す目標に向かって最も適したキャリアを設定します。研究志向の医師のキャリアパスとしては、当科では多くの医師が海外留学を経験しています。現在在籍している医師の留学先としては、ヨーテボリ大学(スウェーデン)、ハーバード大学(アメリカ)、ピッツバーグ大学(アメリカ)、メイヨークリニック(アメリカ)、サザンプトン大学(イギリス)などがあります。海外留学では世界一流の指導者・研究者との交流を交え、研究に専念することができます。医学的なことだけではなく海外での生活を通して大きな人生経験を得ることもできます。もちろん、臨床志向の医師の海外留学も全面的にサポートします。専門医の取得に関しても積極的に取り組んでいます。取得可能なおもな専門医は日本内科学会認定医・専門医、日本呼吸器学会専門医、日本呼吸器内視鏡学会専門医、日本アレルギー学会専門医、癌治療認定医、感染症専門医、日本睡眠学会認定医などがあります。おもな出向先としては、公益財団法人東京都保健医療公社 荏原病院(大田区)、山梨赤十字病院(富士河口湖町)、昭和大学横浜市北部病院(横浜市)、昭和大学江東豊洲病院(江東区)、小田原市立病院(小田原市)などがあり、いずれの施設も地域の中核病院としての役割を担っており豊富な症例を経験でき、呼吸器内科医師としてスキルアップできる場となります。

 当科では、入局にあたって明確な目標を持つ医師に対しても、研鑽を積みつつ将来の目標を模索していく医師に対しても、その個人のスタイルに合わせたベストなキャリアパスを共に作っていきます。