呼吸器疾患について

診断・治療に専門性が必要な真菌診療

真菌感染症 概要 真菌感染症(カビ)はその診断がときに困難であり、なかには治療抵抗性を示し、不幸な転機を辿ることがある。一般的に、深在性真菌感染症(しんざいせいしんきんしょう)は免疫不全状態など易...

More

間質性肺炎

概要・検査 間質性肺炎は易疲労感や呼吸困難を主症状とする疾患で、診断から死亡までの生存期間が短く、難病の1つと言える。間質性肺炎の原因は、膠原病(関節リウマチなど)や 環境因子(羽毛布団の使用や木造...

More

薬剤性肺障害

概論 わが国では薬剤性肺障害、特に薬剤性間質性肺炎の発症頻度および死亡率が諸外国と比較し高率である。薬剤性肺障害とは薬剤を投与中に起きた呼吸器系の障害の中で薬剤と関連があるものと定義される。薬剤とは...

More

肺癌 -診断から治療にいたるまで-

肺癌Lung cancer 概要 悪性腫瘍は我が国の総死亡の約3分の1を占め、生涯罹患率も増加している。肺癌に関しては、禁煙による予防や肺がん検診による早期発見などの方策が行われているものの、悪性...

More

気管支内視鏡検査 一般

気管支内視鏡検査 一般 Bronchoscopy 概要 気管支鏡検査は気管支、肺疾患における診断、組織採取や肺胞洗浄液の分画の精査や感染症の診断などのためのアプローチ法である。 具体的には...

More

超音波ガイド下ガイドシース・経気管支針生検

超音波ガイド下ガイドシース・経気管支針生検 概要 EBUSとはEndobronchial ultrasound : 気管支内超音波断層法の略称である。超音波下で病変を可視化し、病変部を経気管支鏡下...

More

呼吸機能検査

呼吸機能検査の概要 呼吸機能検査は、スパイロメーターという機器を用いてヒトの呼吸機能を数値やグラフで評価する検査である。比較的侵襲度の低い検査であり、咳嗽、呼吸困難といった呼吸器症状に対する原因疾患...

More

気道過敏性

喘息は気道の慢性気道炎症を特徴とする疾患であるが、無症状でも気道過敏性が亢進していることが知られている。喘息の診断の目安にも「気道過敏性の亢進がある」ことが報告されているが、これまで客観的に気道過敏性...

More

人工呼吸療法

人工呼吸療法 人工呼吸療法は呼吸不全により酸素化が保たれない場合に行われる治療である。呼吸不全は主に換気不全、酸素化不全、両者の合併に分けられるが、いずれの状態であれ呼吸不全が進行する場合に...

More

サルコイドーシス

サルコイドーシス サルコイドーシスは全身のほぼ全ての臓器を冒す良性肉芽種性疾患である。頻度の高い病変は肺、リンパ節、眼、皮膚であり、生命・機能予後を左右する病変に心臓、神経、腎臓などがある。発症...

More